近年では、母子健康手帳から日光浴の項目が削除されているのをご存知ですか? 昔は子供は日焼けをして、真っ黒なぐらいの方が健康的とされていました。 しかし、紫外線は皮膚がんや白内障などの悪影響を及ぼすことが知られるようになり、積極的に紫外線対策を行うようになってきています。 子供の頃に紫外線を大量に浴びてしまうと、大人になってからの皮膚がんの発症率が高くなってしまうのです。 しかも、まだ若いうちに皮膚がんを発症しやすくなってしまうそうです。 赤ちゃんのうちから我が子の将来のために、親が気をつけてあげる必要があります。 1日のうちで紫外線量が最も多いのは、10時〜14時です。 その時間の外出は避けるようにすると、紫外線を浴びる量がかなり抑えられるのですが、子供達が一番遊べる時間帯でもありますよね。 部屋にこもらせて外へ出さないというわけにもいかないので、しっかりとした紫外線対策を行いましょう。 まず、外出する時は帽子を必ずかぶるようにします。 その際、つばの広い帽子にするといいですね。 それから、大人用の日焼け止めでは刺激が強すぎるため、子供用の日焼け止めを塗るようにしてください。 ベビーカーで外出する時には、ベビーカーに日よけをつけることも忘れずに。